私の心境に変化が生まれた

ビタミンCの美容効果を期待して、レモンを直接顔に貼り付け、レモンのパックにするのが以前流行りましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、もう誰も使っていません。レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たっ立とき皮膚にダメージを与えます。シミに有効な作用をレモンでねらうならば、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、しごとに追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てとってもビックリしました。目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを形にして見せられたように感じました。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、自分の肌を保護しよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。シミの正体とはいったい何なのかといえば、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。お肌のターンオーバー(スタンレー・コーエン博士が発見したEGFを使うと再生力が高まるそうです)を活性化できれば、少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、よりその効果が現れやすくなります。ただし、過剰なピーリングをおこなうと、お肌の負担となってしまう危険性もあります。お茶には色々な種類がありますが、その中でも緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCの作用をいっそう高めるはたらきをしています。美白を目指すのならビタミンCをしっかり摂取したいので、ビタミンCとカテキンを同時に摂る事が出来れば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを予防してくれるのです。毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下では増えやすくなってしまうのです。

真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされる「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、これは全身、どこにでもできる可能性があります。

茶色いシミのように発症するでん風もありますが、真っ白い、色素落ちのような症状を起こすものもあります。なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、皮膚科を受診された方が良いでしょう。

最近、同年代が太ってきているので、そうなる前に断食に挑戦しました。

断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。

相性が良かったのか短期間にウエスト6cm減の目標を達成しました。全体に適度な引き締めを期待して睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか代わらず、なんだか肌にハリがなく、シワが目たつような気もします。けして、しぼむほど減量してはしていないんですけど。

。。時期的にダイエットと無関係とも言えませんから、当面はお肌のケアのほうを重点的にしていく予定です。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌を指します。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメが整っている肌を見ると皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、キメの模様は形を保っている事が出来ず、崩れていきます。

表皮の荒れを放置しておくと、表皮のもつバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。

皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。うっかり作ってしまったシミを消すためのやり方はたくさんありますが、私が教えたいのは高濃度プラセンタ配合の美容液を肌に優しく叩き込向ことなんです。

肌にすうっと染み込んでいくのがわかるはずです。継続して使用しているとシミがどんどん消えていくのがわかり、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、毛穴の汚れや角質などが落ちて、気になっていたシミも薄くなってき立という話がネットで広がっていますが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除や洗濯用、食品用、薬品用などが存在します。食用の重曹なら大丈夫だと思われるかも知れませんが、洗顔用としては粒子が荒いので、ごしごし洗うのは避けましょう。洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、たっぷりと潤いを与えてちょうだい。シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、時には病気が原因の可能性もあります。もしも、突然顔のシミが多いと感じるようなら、病気の前兆を意味していたり、すでに病気になっている可能性もありますので、至急、病院で相談する必要があります。